東京大学国際センター | INTERNATIONAL CENTER

国際センター相談室(国際センター本郷オフィス)

日本で就職する場合の在留資格と職種

「留学生のための就職支援」へ戻る

日本の外国人に関する法律(出入国管理及び難民認定法)では、日本で就職して報酬を得る活動をするためには、在留資格をこれまでの「留学」から働くことのできる在留資格へ変更しなくてはなりません。しかも、職種によって在留資格が異なり、大学(日本の大学である必要はありません)で学んだ専門の内容と仕事内容が食い違ったり、報酬が少なすぎたりした場合には、在留資格の変更申請をしても不許可となることがあるので注意が必要です。

▲このページのトップへ