東京大学国際センター | INTERNATIONAL CENTER

国際センター相談室(国際センター本郷オフィス)

専門職等のその他の職業に就く場合

「日本で就職する場合の在留資格と職種」へ戻る

教育に携わる職に就くことを希望する場合は二通りあります。

 

 

法律・会計業務

外国法事務弁護士,外国公認会計士その他法律上資格を有する者が行うこととされている法律又は会計に係る業務に従事する活動

弁護士、司法書士、土地家屋調査士、外国法事務弁護士、公認会計士、外国公認会計士、税理士、社会保険労務士、弁理士、海事代理士又は行政書士の資格を必要とする仕事をする場合。

医療

医師,歯科医師その他法律上資格を有する者が行うこととされている医療に係る業務に従事する活動


医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、歯科衛生士、診療放射線技師、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、臨床工学技士又は義肢装具士の資格を必要とする仕事に就く場合。ただし、資格によっては勤務期間や勤務地域に制限が付いているので注意が必要です。

 

その他の在留資格
またその他に、音楽、美術、文学等の活動を行なう「芸術」、取材などの報道活動を行なうための「報道」の在留資格があります。

 

▲このページのトップへ