東京大学国際センター | INTERNATIONAL CENTER

国際センター相談室(国際センター本郷オフィス)

起業する場合

「日本で就職する場合の在留資格と職種」へ戻る

最近、留学生出身者が会社を起こす例が増えています。こうした起業をする場合や、事業に対して投資し経営を行なう場合などは、「経営・管理」の在留資格をとる必要があります。企業の支社長などの経営管理に従事する場合にもこの在留資格が該当します。ただし、特に起業する場合は、いくつかの条件をクリアしなければならないので、事前に十分な準備が必要です。

 

▲このページのトップへ