東京大学国際センター | INTERNATIONAL CENTER

国際センター相談室(国際センター本郷オフィス)

トラブルに巻き込まれやすい事柄
Cases where trouble may occur

「トラブル回避のために」へ戻る
back to Avoiding Trouble

留学生が社会的ルール・制度を知らないことによってトラブルに巻き込まれることは少なくありません。ルールをよく理解して、トラブルにあわないように自衛しましょう。

There are some cases where international students may find themselves in trouble due to not knowing the social rules or society of Japan. It is best to learn the rules and to protect yourself from getting into situations where you may be in trouble.

1) 自転車の譲渡 Receiving a Bicycle

自転車を買った時には、必ずその店で防犯登録(500円)をしましょう。
友達から自転車を譲り受けた場合、譲渡されたことが分かる書類(譲渡証明)を友達に書いてもらい、自転車販売店で、自分の名前で防犯登録をして下さい。

When you buy a bike from a shop, you should always apply for the anti-theft registration (500 yen.) If you receive a bicycle from a friend, you should make sure to receive paperwork (Deed of Transfer) showing that you legally received the bicycle and apply for the anti-theft registration under your own name at a bicycle dealership.

駅前広場などに放置されている自転車に乗ってはいけません。他人の自転車に無断で乗ると、窃盗行為とみなされます。

You should never ride a bike you find left alone near the station or other open area. If you ride another person’s bicycle without permission it is considered an act of theft.


2) 車・オートバイの運転 Driving a Car or Motorbike

国際運転免許証(来日後1年間有効)を持っていない人は、日本の運転免許証を取得しなければなりません。なお、国際運転免許証は、種類によって運転できる車やバイクが決まっていますので、確認して下さい。

また、運転をする場合は、必ず自動車保険に入ってください。もし事故を起こしてしまった場合、被害者への賠償金額はとても高額なものとなります。自動車保険については、生協に問合せてください。

Those who do not have an international driver’s license (which is valid for one year from the day you arrive in Japan) must receive a Japanese driver’s license. The type of vehicle you can drive depends on which international driver’s license you have, so please confirm before driving.

If you plan to drive, please make sure to have automobile insurance. If you cause an accident, the cost of damages to the injured party will be very high. Please inquire at the Co-op for information on automobile insurance.
大学生協 (University Co-op):http://www.utcoop.or.jp/ 03-3814-1541


3) 住居等に関するルール Apartment/Housing Rules

ガイドブック「部屋探しの基礎知識」http://www.u-tokyo.ac.jp/ja/administration/housing-office/housing/minkan/ の 「4.暮らしのルール・注意すること」を読んでください。

Please find Chapter 4 ”Rules and precautions” in Guidebook "Basic Knowledge of House Hunting” http://www.u-tokyo.ac.jp/en/administration/housing-office/housing/minkan/

 

4) アルバイト Part-time Job

留学生が日本人学生とアルバイトに関してもっとも異なる点は、働ける時間や職種が決められていることです。雇用者側がそうした規則に詳しくなかったり、あるいは規則を軽く考えていることもありえますので、留学生自身が、規則を守る重要性を理解し、説明できるようにしておく必要があります。

The point that differentiates the part-time job system between Japanese students and international students is the number of hours and types of jobs that international students can work/have. Your employer may not know, or may not realize the severity of breaking these rules, so it is up to the international student to understand the rules themselves and if necessary be able to explain the importance of following these rules to their employer.

あとでトラブルが起きないように、最初の面接のときに、仕事の時間・賃金・支払日などを聞いて、雇用者にメモしてもらいましょう。また、給与明細などは、後から必要になる場合がありますから捨てずに取っておきましょう。

In order to avoid trouble, it is best to have your prospective employer tell you the hours, payment, day of payment for the job. Also, make sure to save your paystubs and do not throw them away as you may need them in certain cases.

■詳細はこちらを確認してください。For details, please see

http://www.ic.u-tokyo.ac.jp/ic/info/info03_05_j.html

 

 

▲このページのトップへ