東京大学国際センター | INTERNATIONAL CENTER

国際センター相談室(国際センター本郷オフィス)

FACEプログラムへの登録に関してよくある問合せ

「留学生と交流したい学生市民の方へ」へ戻る

仕事があるため、土日や平日遅い時間に登録に行きたいのですが。
登録、顔合わせ(初回マッチング)は、平日10:00-17:30に来室していただいています。交流相手となる留学生・外国人研究員の多くも、平日・週末関係なく大変忙しい研究スケジュールの中で生活をしています。従って、ボランティア側も非常に忙しいスケジュールの方や平日フルタイムで勤務なさっている場合、交流が継続できないことが多いです。一対一交流は、なるべく長い期間、じっくりと交流を続けていただき、留学生とボランティアが関係性を構築していくことを目的としているため、ある程度平日のスケジュールがフレキシブルな方や、時間に余裕がある方に適したプログラムといえます。
月に1、2回、土日しか交流できませんが、参加できますか?
留学生側も、あまり頻繁には交流の機会をもてない場合がありますので、登録・顔合わせのために平日来室することができれば、登録自体は可能です。ただし、留学生は週一回程度、1~2時間などじっくりと交流をしたいと希望している者が多いので、ご紹介まで長期間お待たせしたり、実質的にご紹介が難しい場合もあります。また、ご登録の際に「交流可能スケジュール」などをお伺いし、安定した交流が難しいと判断させていただいた場合、登録をご遠慮いただく場合もありますことをご理解ください。
東京大学のキャンパス(本郷、駒場、柏、白金等)からは離れた場所に住んでいます。プログラムに参加することはできますか?
参加していらっしゃるボランティアのなかには、千葉県や神奈川県、茨城県など、キャンパスから1時間以上離れた場所に住んでいる方もいらっしゃいます。ただし、この場合は、交流のために、キャンパス近辺まで来ていただくことが条件となります。尚、交通費等の支給はしておりませんので、ご理解ください。
交流相手の出身国や言語を指定したいのですが。
ご指定いただくことはできません。特定の国の人との交流を希望される方もいますが、このプログラムはさまざまな国の人と日本語で交流することを目的としており、語学の学習や特定の国の人の紹介をするプログラムではないことを予めご理解いただきたいと思います。
他大学の学生です。プログラムに参加することは出来ますか?
可能ですが、留学生の大半は、大学院生で年齢が比較的高く(20代半ばからそれ以上)、さらに、学生同士の交流の場合は、同じキャンパス内での交流を希望する場合が多いです。その結果、他大学の、特に年齢の若い方との組み合わせは、困難なことが多いです。
一時的に時間に余裕があります。短期間の交流は可能ですか?
留学生との組み合わせに時間がかかる場合もありますので、あらかじめ交流可能な期間が限定されている場合は、組み合わせができません。数ヶ月後には現在の生活スタイルが変わる予定がある(就職や引っ越しをされるなど、時間が限られることが予定されている)場合は、状況がある程度判明してからのご登録をお勧めいたします。
登録してから、交流を開始するまで、どのぐらい時間がかかりますか?
留学生側の登録は、主に4月・5月・9月・10月頃に集中します(4月、9月に新入生を迎えるため)。従って、この時期にご登録いただいた場合は、比較的早くご紹介できる場合が多いです。ただし、ボランティアが多忙であったり、遠方に住んでいる場合などは、組み合わせが難しく、ご紹介できかねる場合もあります。
留学生側は、どのような交流を希望しているのですか?
留学生が希望する交流は様々です。また、交流を通じて、相手との関係の中で交流内容が変化していくこともあります。共通しているのは、ある程度、期間的・関係的にも安定した継続的な交流を希望している点です。
顔合わせ前に相手のプロフィールを知りたいのですが。
留学生、ボランティア双方に、事務局から事前に相手の情報を提供することはしていません。顔合わせの際に、直接情報の交換をしていただいています。顔合わせ当日までのお楽しみとご理解ください。

 

▲このページのトップへ