東京大学国際センター | INTERNATIONAL CENTER

国際センター相談室(国際センター本郷オフィス)

活動上の注意事項は?

「留学生と交流したい学生市民の方へ」へ戻る

このプログラムで決められている規則は特にはありません。参加者はみな大人ですから、交流のためのルールを定めなければならないとは考えていません。しかし、これまでの活動の中から、注意した方がいいと思われることをあげてみましょう。


このプログラムは留学生に日本語を「教える」プログラムではありません

このプログラムは、留学生と日本人が日本語で1対1の交流をするプログラムです。確かに、留学生の大半は、日本人と交流することによって日本語が上達すればいいと考えています。しかし、交流によって日本語が上達するのは結果であって、目的ではありません。二人の間に、共通のものとして「ある」のが日本語なのです。日本語を「教える」のではなく、日本語を通して、日本について、相手の国について、双方の人やその背景となる文化について共に考えていくことが目的です。


このプログラムは、留学生の母国語を習うプログラムでもありません

語学交換というシステムがあります。また、交流の手段として、媒介語を使う方法もあります。それぞれいい点もありますが、このFACEプログラムの目的としているものは、あくまで日本語を通した交流です。ですから、英語その他の外国語を習いたい、話したいなどを目的としての申し込みはお断りしています。

 

 

▲このページのトップへ