東京大学国際センター | INTERNATIONAL CENTER

国際センター相談室(国際センター本郷オフィス)

日本人と交流したい留学生等へ

「交流プログラム」へ戻る

日本で学ぶ留学生の多くが、日本人との交流の少なさに物足りなさを感じているといわれています。特に、大学院に在籍する留学生は、研究に忙しく、留学期間は長いようでも、あっという間に過ぎてしまいます。その間に、実際に日本人と親しく交わり、生きた日本語に接し、日本人の考え、日常生活や日本社会を知る機会は意外と少ないものです。

 

FACEに登録している学生・市民ボランティアは、留学生との交流を希望し、なにか留学生の役に立つことをしたいと思っている人たちです。国際センターでは、申込のあった留学生とボランティアを、登録内容に応じて1対1で組み合わせます。組み合わせた後は、それぞれの事情に合わせて自由に交流してもらいます。家族ぐるみの長いお付き合いになるかもしれませんし、あるいは帰国後も続く親しい友人になるかもしれません。日本語で交流するという以外に、特に定められた規則も期間もない自由なプログラムですが、ボランティアが留学生との交流に積極的な気持ちを持っていることは間違いありません。

FACEに登録しているボランティアは、多様な人たちから構成されています。このプログラムを通じて、皆さんが、友人などから口伝てで聞いた「日本」ではなく、実際に日本在住しているボランティアとの交流をする中で、日本人や日本社会をより深く理解して欲しいと思います。それは、皆さんの日本留学の成果を実り豊かなものにするために、大いに役立つものとなるはずです。

※登録の際には、あなたの週間スケジュール(月曜日から日曜日、それぞれ午前・午後・夕方以降の予定)が必要です。新学期の授業スケジュールが決まってから登録に来てください。

※FACEボランティアは、日本語の先生ではありません。論文のチェックをしたり、就職活動のエントリーシートの添削や面接の練習はしませんので、このような目的の人の申し込みは受け付けていません。

 

 

▲このページのトップへ